「ふるなびならたった3分でふるさと納税!」

 

ふるさと納税

ふるさと納税で豪華返礼品が、欲しい。


ブランド牛のステーキ。

カニ。

お米。

季節の果物や野菜。

現地の特産品。

そこでしか作られていないお酒。


メディアで、たびたび取り上げられているので、ご存知の方は、多いと思います。

見てると、やってみたいって、思います。


実質負担2,000円で、あんな豪華な返礼品がもらえるなんて。

そういえば、最近は、家電とかも、あるみたいですね。

 

こちら⇒さとふるに会員登録をする

家電とかに、強いサイトとしては、下記の「ふるなび」さんが、有名です。


​こちら⇒ふるなびに会員登録をする

 

(※ただ、最近は、家電の返礼品は、換金性が高いとかっていうお話で、自治体としても、扱いに苦慮している傾向もあるようなので、

今後、どうなっていくのか、気がかりな部分が、ありますが・・・)

 

でも、なんか、微妙に面倒そうとか、逆に高くついたりしてとか、思ってしまいがちですね。

私なんかも、そうでした。

人一倍、疑り深い性格で・・・


でも、よーく考えてみると、このやり方って、間違いなく「親方ぁ日の丸」だから、どこにも、迷惑も負担もかかっていないんですよね。

だって、政府が推進しているんですから。

(最近は、少し、風向きが変わってきていますが・・・)


先日、こういったセミナーに行って、聞いていたら、思い切り誤解していたことが、ありました。

それは、年収によって限度額の目安はありますが、その限度額の中でなら、いくつの自治体に寄付しても、いくら寄付しても、負担額は、2,000円っていうこと!


ここ、誤解している人、多いのでは、ないでしょうか。

私もでしたが。


たとえば、年収500万円の人の限度額が、仮に49,000円だったとすると。

49,000円を、4つの自治体にふるさと納税した場合でも、

実質負担額は、2,000円なんです!


(誤解してたのは、4つの自治体に寄付したら、それぞれに負担が2,000円ずつになって、2,000円×4自治体=8,000円の負担になるのかなって、思っていました。

このような場合でも、限度額の内に収まっている限り、2,000円なんですね。

これって・・・年収が多ければ、多いほど・・・っていう理屈は、この際、踏み込まないことにしておきますw)



とにかく、2,000円で、いろんな豪華返礼品が、もらえるっていうことで、これを、利用しない手は、ないって、本気で思いました。



まずは、無料の会員登録を済ませましょう。

お得な情報とか、いろいろなサポートを受けることができます。

 

こちら⇒さとふるに会員登録をする

こちら⇒ふるなびに会員登録をする

 

 


「わずか3分でふるさと納税はこちら!」


ふるなびグルメポイント


「さとふる」でふるさと納税!

膝の痛み

日光金谷ホテル

レジーナリゾート富士 Suites&Spa

稲取温泉 石花海(せのうみ)

伊豆高原温泉ホテル 森の泉

ラビスタ伊豆山

旅館三治郎

水戸の梅まつり

松葉ガニ

ヘルシオグリエ

アイリスオーヤマ 炊飯器

ヌレンザ

 

© 2017 ふるさと納税 rss